ホームズの世界
The World of Holmes No.5



Matsushita, Ryohei “Sherlock Holmes Regional Study - Surrey” 松下了平「シャーロックホームズ風土記 サリ州の巻」 WH No.5 (1982),8-15p
The author outlines the places in Surrey County that appear in the Canon. The places include Richmond, Croydon, Norwood, Reigate, Nobury, Esher, Woking, Farnham, Leatherhead. The author also points out Surrey is one of the candidates of Holmes’s birthplace.
イングランド・サリ州の正典との関わりの紹介。リッチモンド、クロイドン、ノーウッド、ライゲート、ノウブリ、エシャー、ウオキング、ファナム、レザヘッドについて詳述。ドイルが、ホームズがサリ州の出身だったかもしれない、と言及した事や、ドイル自身がノーウッド、ハインドヘッドとサリ州内に住んでいたことを指摘する。
    United Kingdom,  Ancestry, Family, and Name


Terasoma, Izaemon “Is Sherlock Holmes a Freemason?” 寺杣伊左衛門「シャーロック・ホームズはフリーメーソンか?」 WH No.5 (1982),17-20p
The author studies the outline and brief history of Freemasons, and by analyzing Holmes’ actions in the Canon, concludes Holmes was a Freemason.
「赤髪連盟」「隠居絵具師」「ノーウッドの建築業者」「緋色の研究」の文中で、ホームズが所持品からフリーメーソン結社員と指摘できるのは何故か?著者は、ホームズの行動や考え方がフリーメーソンのメンバーだったから分かる事、と考察。「花婿失踪事件」でのホームズの挨拶に、明確に現れていると結論する。
    Freemasons



Taoka, Toshiaki, Yagame, Hiromi, Edited by “The Telescope of Old Frankland” [田岡俊昭]作 八亀裕美 編「フランクランド翁の望遠鏡についての考察」 WH No.5 (1982),21-26p
The author introduces her friend’s study about the telescope of Frankland. Based on the descriptions in HOUN, the details of the telescope, such as the type of the lense and its diameter, eyepiece and tripod are discussed.
正典「バスカヴィル家の犬」の中に登場する、フランクランド翁の望遠鏡について。望遠鏡の形式や性能について、文中の記述から考察。ラフタ邸からカートライトのいた石室までの距離を、望遠鏡を覗いて得られたデータから数式を使って計算し、推測。
  HOUN

.

Yoshioka, Masakazu “Dr. Watson’s Consulting Room” 吉岡正和「ワトソン博士の診察室」 WH No.5 (1982),42-46p
The author studies the medical practices of Dr. Watson described in the Canon; anesthetic and emergency first aid he used. He also suggests the Devil’s Foot is the root of cassava that contains potassium cyanide. Dr. Watson-Medical Practice,
1847年に麻酔薬として初めて使用されたクロロホルム、正典中には2回登場している「フランシス・カーファックス姫の失踪」「最後の挨拶」。他に、ワトソン博士が正典中で行った人工呼吸などの救急処置について考察。特に「悪魔の足」で用いられた植物については、症状から有毒ガスを青酸ガスと推測し、これを含有する植物(悪魔の足の根)は『キャッサバ』ではないか?と推測。
    DEVI








back