ホームズの世界
The World of Holmes 
No.37



Goto, Sayuri “Travel Diary in Great Britain in 2014” 後藤五百合「2014年体当たり英国旅行記」 WH No.37 (2014),7-18p
A diary of the trip in Great Britain in 2014. The author visited Lichfield where Dr. Johnson and Boswell lived and places of interests that relates to them exist.
「ボヘミアの醜聞」で触れられたジョンソン博士とボズウェルについて、2014年4月英国旅行中にイングランド中部のリッチフィールド(Lichfield)を訪ねたレポート。
  Travel,


Uekusa, Yasuhiro “Notes on the “The Blanched Soldier”” 植草康浩「白面の兵士 事件における覚書 ホームズ氏は何を読んだか」 WH No.37 (2014),19-26p
The author looked through the articles on Hansen’s disease in Lancet and British Medical Journal Holmes might have read from 1901 to 1903. He presumes the model of Sir James Thorndus is Sir Jonathan Hutchinson, noted dermatologist at that time.
ホームズが事件解決の解説のなかで言及する医学雑誌ランセット、ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルについて。ワトスンが購読し、ホームズも読んでいた両雑誌が、当時の誌面でハンセン病についてどう取り扱っていたかを詳細に考察する。
  BLAN


Suzuki, Toshio “Sherlock Holmes or Conan Doyle Collections” 鈴木利男「シャーロック・ホームズまたはコナン=ドイル・コレクション」 WH No.37 (2014),27-34p
The author introduces major Sherlock Holmes statues, the replicated rooms of 221B Baker Street, and Sherlock Holmes and Arthur Conan Doyle collections in the world.
世界の主なホームズ像や、再現されたホームズの部屋について詳しく紹介する。更に他の国にはあるが我が国には無いものとして、シャーロック・ホームズやコナン=ドイルに関係した本や資料などを収集した図書館やミュージアムを指摘し、世界各地にある主なコレクションを挙げる。
  Collecting Sherlockiana

Nitta, Kunihiko “A Consideration on “Narratives” in Sherlock Holmes Stories” 新田邦彦「シャーロック・ホームズ物語における『語り』の一考察 ナラトロジーの視点から」 WH No.37 (2014),35-41p
The author focuses on the narratives of the characters in the Canon. He concludes Holmes picked up the truth from the subjective narratives of his clients.
ホームズが向き合った人々が語る物語=『語り』に焦点を当てる。依頼人の語りと騙りから秘密と嘘に対する違和感や、事件の背後に存在する大きな物語、小さな物語、事件の理由など。物語の中の様々な語りは、語る者の主観が大きく介在しており、それらの語りの中からホームズは客観的真実を掬い上げていった、と結論する。
  Sherlock Holmes - Intellect

.

Yoshida, Takehiko “Questions on “The Man with the Twisted Lips”” 吉田建彦「唇の捩れた男 への疑問点」 WH No.37 (2014),47-51p
The author points out the three questions for the TWIS story, and presents his revisions: 1. The police checked if St.Clair went to his place of work and report the result to Holmes. 2. Mrs. St.Clair did not notice her husband’s real occupation→She was the sister of St.Clair thus did not notice. 3. The police questioning to Hugh Boone was too late→Mrs. St.Clair(sister) asked Holmes to search for St.Clair just after his disappearance(before the police started questioning Boone).
正典の不自然さを払拭する為3点の提案を行う。1)ホームズが警察当局に提案し、警察がセントクレア氏のロンドンの勤務先に当日出勤したか、否かの調査を行い、ホームズにも結果が連絡されたとする。2)セントクレア氏は未婚とし、セントクレア夫人役はセントクレアの妹とで既婚とする。3)セントクレア失踪直後、警察のブーンに対する取り調べが開始された頃、妹から直接ホームズに捜査依頼があり、1)の結果から、ホームズがブーンはセントクレアだと見破ったとする。
    TWIS


Ohta, Takashi “The Baskerville Family” 太田隆「バスカヴィル家の一族」 WH No.37 (2014),78-88p
The author analyses the Baskerville family in HOUN, focusing on Sir Charles Baskerville. He also presents an assumption that Stapleton was Jack the Ripper and Holmes was likely to know the fact.
不幸なバスカヴィル一族の展開をヒューゴー・バスカヴィルから、サー・ヘンリ、ジャック・ステイプルトンに至る家系図を作成する。また、一族であるジャック・スティプルトンの犯罪の一つがこの時期起こった『切り裂きジャック事件』で、その真犯人でもあることをホームズは薄々知っていたのではないか、と指摘する。
  HOUN


Ishida, Seiki “Did Sherlock Holmes suffer Asperger syndrome?” 石田盛己「シャーロック・ホームズは発達障碍か?」 WH No.37 (2014),89-97p
The author looks into Sherlock Holmes’s behavior from the viewpoint of clinical psychology, and points out lots of his behavior fit to the symptom of Asperger syndrome.
著者の臨床心理士としての知識と経験から、「緋色の研究」など正典中でのアスペルガー症候群ではないか、と疑われるホームズの特徴的なふるまいについて詳細に検証し、診断基準に当てはまるものが多くあることを指摘する。
    ,Sherlock Holmes-Personality


Endo, Takahiko “Von Bork was a Woman?” 遠藤尚彦「Von Bork は女だった? 祝・最後の挨拶100周年」 WH No.37 (2014),107-118p
The author points out Conan Doyle read “Sidonia the Sorceress” by Wilhelm Meinhold, and assumes he chose the name Von Bork in LAST with two characters (Clara Von Bork and Sidonia Von Bork) in the story in mind.
著者は「シャーロック・ホームズの読書談義」から、コナン・ドイルがドイツ人作家ヴィルヘルム・マインホルトの作品『魔女シドニア』を既読していたことを指摘する。故にドイルは「最後の挨拶」執筆時に同作品を思い出し、登場する二人の女性の名前(シドニア・フォン・ボルク、クララ・フォン・ボルク)から、ドイツ人スパイの名前をVon Borkとしたと推定する。
    LAST


Fujinami, Nobu “Unveiling Sherlock Holmes Statue at Kobe British House” 藤浪伸「ホームズ像除幕式@神戸英国館」 WH No.37 (2014),119-120p
A report on the unveiling ceremony of Sherlock Holmes statue on October 5 12013 at Kobe with photos. Several members of Japan Sherlock Holmes Club and British Consul General in Osaka attended the ceremony.
2013年10月5日。神戸異人館グループ・英国館の庭に新たに設置されたホームズ像の除幕式についてのレポート。
    Sherlockian and Societies




back