ホームズの世界
The World of Holmes No.1



Arai, Yoshifumi “The Viewpoints of Sherlock Holmes” 荒井祥文「ホームズの物の見方に関する二つの論議」 WH No.1 (1978),3-5p
The author questions about Holmes’ way of thinking most people accept that he had independent, cool-headed mind by nature. He advocates Holmes had subjective way of thinking connaturally and acquired objective eyes to become a great detective.
ホームズの物の見方に関して、解釈論と認識論を論ずる。第三者的な冷静な眼を持って眺める、という一般的な認識について詳しく論証する。
    Sherlock Holmes-Personality


Onishi, Asami “Holmes and Alice ? A Preliminary Study” 大西朝海「ホウムズとアリス 予備的考察」 WH No.1 (1978),6-12p
The author looks into the common things between Sherlock Holmes and Lewis Carroll, the author of “Alice in Wonderland” by analyzing human relationships and others. He also presents his theory that Professor Moriarty was Lewis Carroll.
ホームズとアリス。筆者は、関連が無い物語のようで関係があるのではないか?と考察。マザー=グースの引用など、ドイルとキャロルの作品の比較から、相関図なども用いて詳しく検証する。
    Literary Parallels and Comparisons


Oka, Mayumi “On Habits of Sherlock Holmes” 岡まゆみ「未知のSHを探偵す (パート1) ホームズの癖について」 WH No.1 (1978),13-15p
A study about habits of Sherlock Holmes. The author explains Holmes tends to play a violin or to do chemical experiments when he wanted to concentrate his thoughts. Looking into his habits, the author concludes Holmes is not a super hero but a good human being.
ホームズとワトスンを演じた俳優達について考察。画面の中でのそれぞれの台詞について検証。ホームズは、ドイルの描いた立体でなく平面写真のスーパーマンでもない、失敗もするし、くせもある、善良なひとりの人間である、と結論。
    Sherlock Holmes-Personality

Saneyoshi, Tatsuo “Was Snake Poison Murder Possible? “The Speckled Band”” 実吉達郎「毒蛇殺人は可能だったか?まだらの紐について」 WH No.1 (1978),16-23p
The author demonstrates Dr. Roylott’s way to use a snake for murdering is practically impossible; Feeding snakes with milk, training them to move using whistles. He also points out the swamp adder in the story does not exist in India and guesses Conan Doyle created it based on the experience in Africa.
「まだらの紐」に登場する毒蛇について検証。蛇の生態から、物語中の描写について細部にわたって詳しく考察する。更に物語中の該当する毒蛇はインドに存在せず、アフリカ産の毒蛇をモデルにしたのではないか?と推測。ドイルは蛇について全く知らない、と結論する。
  SPEC

.

Suzuki, Toshio “Change of the Route to the Continent and the Game Theory” 鈴木利男「大陸行きのルートの変更とゲームの理論」 WH No.1 (1978),24-29p
The author applies the theory of games in economics for analyzing the routes of Sherlock Holmes and Professor Moriarty when they moved to the Continent in FINA.
「最後の挨拶」に於いて、利用した鉄道ルートの選択について。ホームズがモリアティの追跡から逃れる為、二つのルートしか選択出来ない制約の中で、虚々実々の駆け引きについて詳しく検証する。
    FINA


Tsuda, Masanobu “A Letter of Conan Doyle" 津田昌信「コナン・ドイルの手紙」 WH No.1 (1978),30-33p
The author introduces the copy of Conan Doyle’s hand-written letter he acquired and its translation by him. The letter dated January 17, 1897 was addressed to his friend offering to do a reading event for the Indian famine fund.
筆者が入手したコナン・ドイル自筆の手紙の紹介と内容について。1897年1月ロンドンの友人宛に送った、ロンドン市長主催のインド飢饉救済基金援助について、ドイルが自分の売り込みを図っている。
    The Literary Agent






back